生命保険を担保にしてお金を借りる方法

トップページ
お気に入りに追加
  

生命保険を担保にしてお金を借りる方法

あまり知られていませんが、生命保険は積立金の一部を貸し付けてもらうことが出来ます。
これを契約者貸付制度といい、生命保険の解約返戻金の範囲内でお金を借りることが出来る制度です。

 

では具体的に、契約者貸付制度がどういうものなのかをお教えします。
まず契約している保険会社によって異なりますが、解約返戻金額の70%~90%の範囲内であれば生命保険を担保にしてお金を借りることが出来ます。

 

借りたお金にはもちろん利子が付いてきますが、通常は生命保険の予定利率に2%~3%を上乗せした利子が付きます。
利子がどれくらい掛かるのかは保険会社によって違うので、ちゃんと自分の入っている保険会社に確認するようにしてください。

 

では、どのような手続きをすれば生命保険を担保にしてお金を借りられるのでしょうか。
まずは、必ず契約者本人が保険会社のコールセンターに連絡してください。

 

連絡が終わってから何日かすると保険会社から書類が送られてきますので、契約者貸付申込書の書類を記入して返送してください。
そうすると約1週間後にはお金が振り込まれています。このように、手続きは簡単に行うことが出来ます。

 

返済するときは全額を一括で返済するか、一部を毎月少しずつ返済するか、毎月決められた日にちに一部を少しずつ返済していく方法に分かれます。
口座振替での返済が一般的ですが、ATMや保険会社の窓口でも返済は出来ますので自分に合った方法を探してみて下さい。

 

お金を返さないでいると、保険が失効してしまうこともあるので必ず早めに返済しましょう。