担保があればお金を貸してくれる郵貯

トップページ
お気に入りに追加
  

担保があればお金を貸してくれる郵貯

郵貯が民営化されて銀行のように様々な投資信託を販売したり、収益を増やす試みを行なっています。

ですのでゆうちょでもお金を貸してくれるのではないか、と考えている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし郵貯と普通の銀行では若干制度が異なりますので注意が必要です。

郵貯では定期預金や普通預金を担保にした貸付を行っていますので、その限度で融資が受けられます。

 

ですので郵貯に300万円の定期預金がある人はその限度で融資を受けられます。

この点は普通の銀行と異なる点で注意が必要です。ですのでゆうちょに預金がない人はゆうちょからお金を借りることはできません。

 

これは民間の銀行から民業圧迫との批判があるからで、今まで国が経営してきた郵貯に銀行と同じようなビジネスをさせることに批判があります。

特に郵貯は支店網がかなりあるため銀行にとっては死活問題です。

 

しかし郵貯は地方銀行のスルガ銀行の代理店となっています。ですのでスルガ銀行のカードローンや住宅ローンを取り次いでもらうことができます。

そのほかの銀行には取り次いでもらうことができませんが、これは便利な仕組みです。

 

このように郵貯は通常の銀行とは預金はすることができますが、お金を借りることはできないという特徴があります。

ですのでどこにでもある郵貯ですが普通の銀行とは少し違うということは覚えておいて良いかもしれません。

 

しかし今後はカードローンなども取り扱うようになるかもしれません。