保険証でお金を借りる場合、キャッシング限度額が低くなることが多いです。

トップページ
お気に入りに追加
  

保険証でお金を借りる場合、キャッシング限度額が低くなることが多いです。

結論から言えば、保険証だけでもお金を借りることができます。
ただし、保険証だけでお金を借りる場合、免許証やパスポートを提示してお金を借りる場合に比べ、キャッシング限度額が低くなることが多いです。

 

また、保険証だけではお金を貸してくれない業者があるので、借りられる業者の数が絞られて不便になります。
保険証でお金を借りるなら、これらのことを覚悟しておきましょう。

 

また、保険証にも色々な種類がありますが、このうち国民健康保険の保険証でお金を借りる場合、キャッシングの金額がさらに低くなる可能性があります。

 

それは、免許やパスポートを持っていない上に、(この場合海外旅行に行ったり車を持つ余裕がないと見なされることが多いです)会社の保険に入っていないということは、お金を借りても返済できないのではないか、と業者側に思われてしまうからです。

 

所得証明などを出さずにお金を借りる場合、ますますこの傾向が強まりますので、たくさんお金を借りたいなら、保険証を使ってすぐにお金を借りるより、車の免許かパスポートをとってからお金を借りたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、同じ保険証であっても、大企業の保険証か、公務員の保険証であれば、保険証であっても、免許証並の信頼を得ることができます。

 

これは、国や大手企業に勤めている人にお金を貸しても、取りはぐれることはないと判断されるからです。

ですので、これらの保険証を持っているなら、何の問題もなく、お金を借りることが出来るでしょう。