漁師がお金を借りる二つの方法

トップページ
お気に入りに追加
  

漁師がお金を借りる二つの方法

漁師がお金を借りる方法には主に二つの方法があります。

民間の金融機関からお金を借りる方法と公的機関からお金を借りる方法です。

 

民間の金融機関からお金を借りるには20歳以上で安定した収入がなければ金融機関の審査に通ることはできません。

ここで問題になるのは漁師と言う職業が安定的な収入を得ることができるのかどうかです。

 

一般的に漁師は自分で漁船を購入して魚を摂り、摂った魚を売ることによって収入を得ています。

いわゆる自営業者と言えます。

 

自然を相手にするものですから、収入はサラリーマンのように安定していることは少ないと言えますから、金融機関の審査に通りやすいというわけではありません。

 

しかし、漁師が安定した収入がなりというわけではありませんし、金融機関によって審査基準は異なっていますから、漁師が審査に通りにくいというわけではありません。ただし、漁業会社に雇われている漁師はサラリーマンと同じ扱いですから、審査には通りにくいということはありません。

 

必要なお金が生活資金というわけではないならば、自営業者として漁師は漁業経営改善支援資金を借りることが可能です。

 

漁業を経営していく上で必要な資金を長期間かつ低利で融資をしてくれますが、利用するためには改善計画を立案して農林水産大臣か都道府県知事の改善計画の認定を受けなければなりません。具体的な改善計画によって融資額は変わってきますが、15年間までの返済期間が設けられています。