お金を借りる前に方法を検討しよう

トップページ
お気に入りに追加
  

お金を借りる前に方法を検討しよう

基本的にお金を借りることができるかどうかは、返済能力があるかどうかという事に左右されます。

障害者だからお金を借りることができないという事はなく、障害者であっても収入があり、返済が可能であるようならば通常通り借りることは可能となるでしょう。

 

しかし、やはり障害基礎年金だけの生活で、生活が苦しいから借りるという事では返済能力がないといえますから、借りることは難しくなります。

もし借りることができたとしてもかなりの高い利息を支払うことになるケースが多いので、できればお金を借りる前に生活費をおさえたり、お金の使い方を見直してみたり、あるいは近親者に助けを求めたりするということが必要になります。

 

それでも、医療費や介護費用などでどうしても今お金が必要だという事もあるでしょう。

そういった場合は公的な貸付を利用してみましょう。

 

市町村などでは生活福祉資金貸付事業というものを行っており、低い金利や無利子でお金を借りることができる場合もあります。

貸し付けを受けるには条件がありますが、障害者であれば対象となっているので、まずはこうした形で借りることを検討してみましょう。

 

このほかにも、自治体や国で独自の支援制度を行っていることもありますから、そういった情報に当たってみるのもよいでしょう。

民間からの借り入れよりは有利に借りることができ、生活の立て直しに役立てやすいといえます。

 

いずれにしても、きちんと返済が続けていけるように、お金の使い方を見直すことは必須です。

そういった面からも生活を見直してみましょう。