少額であれば銀行カードローンで借りられる可能性が高まります

トップページ
お気に入りに追加
  

少額であれば銀行カードローンで借りられる可能性が高まります

結論から言えば、年金で生活しているかたがお金を借りるのはかなり難しくなります。ですが不可能ではありません。

 

借り入れが難しくなる理由として挙げられるのが年齢的な問題で、病気や怪我のリスクが高まることで返済能力が低下することが考えられます。

最悪の場合返済期間中にお亡くなりになることも考えて貸し渋りが起こってしまうのです。

 

そのため、大抵の消費者金融業者や銀行では借り入れの申し込みができる条件に年齢を設けていて、65歳前後を目安に審査自体が受けられなくなってしまいます。

ただし、全く貸し付けを行っていないわけではないため、探せば年金受給者でもお金を貸してくれる機関がありますから安心してください。

 

年金をもらっていれば一定の収入があると見なされ、消費者金融業者でも借り入れが可能という見かたもありますが、実際のところは年金需給のみでは審査対象外になることが多いので、借り入れを行う場合には銀行カードローンがおすすめです。

 

ただし、ただでさえ消費者金融業者と比べて審査が厳しい銀行カードローンです。

65歳を過ぎてしまうとますます審査通過が難しくなりますから、落ちてしまっても諦めずに対象となる銀行で申し込みを行うようにしましょう。

 

条件に当てはまり、なおかつ信用情報に傷がなければ受け入れてくれる金融機関はあるはずです。

そして、審査が通ったとしても高額の借り入れは厳しいので、年金の収入以内で返していくことを考えて上限は数十万円に留まると思っておいてください。