業者側で充分配慮がされているので基本的にバレません

トップページ
お気に入りに追加
  

業者側で充分配慮がされているので基本的にバレません

借り入れ業者との繋がりがわからないようにしたいというのであれば、業者からの電話連絡や自分宛の郵送物の取り扱いについて気をつけていれば大抵は誰にもわかりません。

基本的にどんなサービスを利用するにしてもプライバシーは守られているものです。

 

とくにキャッシングのようにできれば誰にも内緒で利用したい類のものでしたら、業者側も充分に配慮しています。

 

まず、審査結果を伝えるときなどに自宅への電話連絡を心配されるかたも多いでしょうが、最近の業者との連絡は基本的に携帯電話です。

電話自体かけてこない業者も多いですし、もし携帯電話を所持しておらずやむを得ず自宅にかけざるを得ない場合でも、貸金業者の場合は業者名を名乗らず担当者個人名でかかってくることが多いです。

 

借入先が銀行カードローンの場合は銀行名を名乗ることもありますが、その場合は家族が電話を取っても借り入れに関することだとは気が付かないでしょう。

これは、在籍確認に関しても同様です。

 

また、キャッシングカードや契約書類は店頭で受け取れれば問題ありませんが、郵送を必要とする場合にも記載されている名称を貸金業者をわからないようにしているところがほとんどです。

銀行であればそのままの名称を使っていても、カードローンのための書類とはわかりません。

 

このように、一般的に知られている貸金業者、もしくは銀行カードローンの申し込みでは簡単に周囲に発覚しないように充分気をつけられています。

心配であれば申し込み前にこうした配慮についてどういった取り組みが行われているか、ホームページなどでチェックしてから利用を決めてください。