キャッシングの審査条件に必要な点

トップページ
お気に入りに追加
  

キャッシングの審査条件に必要な点

キャッシングというのは万が一の大金が必要となった時などに便利なのですが、しかしそれには審査を通過する必要があるのがネックでしょう。最近だと消費者金融なども便利になってきましたが、しかしそれでも明確な審査基準というのは共通で存在するので、覚えておくといいでしょう。

 

まずキャッシングに関しては共通しているのは貸金業法が関係してくるということです。一般的には総量規制という制度が関連してきており、借り手からすると年収の1/3以上は借入ができません。また50万円以上の借入には収入証明が必要となりますので、このことから返済能力をしっかりチェックするのが最近のキャッシングの審査傾向となります。

 

またこの返済能力の有無という点では、皆さんがよく聞くブラックリストというものがありますが、こちらは過去のキャッシングなどにおける遅延や滞納の有無や、短期間に新規の借入が複数件あったかどうかなどの情報が載っており、これらがブラックリスト入りする点として参考にされます。また返済能力という点では職業の種類も関係してきますが、これは当然正社員などの安定している収入の場合には審査に通りやすくなりますし、逆にアルバイトや自営業などの収入が低いか安定しないものの場合には審査が厳しくなる傾向があります。

 

これらの条件から大手キャッシングで落ちる場合には、まずは年収の1/3以上を借入しようとした点が挙げられ、次に考えられるのは過去のキャッシングでの遅延や滞納があった場合か、あるいは申し込みブラックと言われる一か月に複数の新規申し込みをしているかというケースが多いとされています。